aleppo soap title banner

アレッポの石鹸

石鹸のお話 | シリアの気候と特産物 | 石鹸の原料 | 製造 | メーカー

アレッポの石鹸のお話

石鹸の起源はメソポタミア文明の時代(BC3000)、灰と油を混ぜた石鹸の原型のようなものがあったとの事。シリアは石鹸発祥の地とされ特にアレッポ市は「アレッポの石鹸」として有名です。材料はオリーブオイルとローレルオイル。アレッポ市はシルクロードの交易地として古くから栄え、世界最古のスークがあり、伝統の石鹸がいたるところで見られました。石鹸のことをアラビア語で「サボンまたはシャボン」。アレッポの石鹸の事は「サボン・ハラブ」とか、シリアの石鹸という意味で 「サボン・スーリ」、月桂樹の石鹸「サボン・アル=ガール」とも。日本でもそのまま「シャボン」ですね。10世紀にアルカリの発見により飛躍的に石鹸の製法技術が高まり、今のような形となり生産量・輸出量も伸びてゆきました。

石造りの建物が多く、中に入るとぷ~うんとあの石鹸独特の香が漂っていました。 オヤジと話をしながら一歩入れば、綺麗に石鹸が天井まで積み重なっています。 10Kg袋に入れられそのまま手渡されるようになっているのも珍しくありません。

石鹸街ではどの店にもかならず軒先に太い針金が吊るしてあります。お客様にその場で石鹸を切って中の緑色を見せてくれるのです。慣れているのでまるで豆腐を切るようです。(実際にはかなり力が要ります→石鹸の切り方

現地で売られている石鹸には細かくグレードが記されています。石鹸に刻印がされていて、ホテルのように星が並んでいたり、 アラビア語の数字で書いてあったりします。時には何も書いていない極上も有りますがおそらく輸出用ではないかと思います。観光客はお土産にせっけんを買っています。重いのですがあちらこちらの店で山積みされていればひとつやふたつ欲しくなってしまいますね。尚、主都ダマスカスでも購入できました。奥からこれは特級品と言って持ってこられたのが、なんと日本への輸出用のアデル・ファンサ社の商品だったのです。シリアの伝統を絶やさないようにしている製造元であるアデルファンサ社の方々へは本当に感謝の限りです。

シリアの気候と特産物

シリアのオリーブ畑 アレッポの石鹸の材料
地中海に近いエリアは地中海性気候、内陸部は乾燥したステップ気候/砂漠気候。古代より豊穣な地域でありオリーブ、ローレル ピスタチオやアーモンドなどが特産。

石鹸の原料

オリーブとローレル(月桂樹)の実を絞ったオイル、鹸化させるための水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)、少量の水から成ります。香料や起泡剤、保存料などの添加物は一切ありません。アレッポの石鹸で使われるローレルはラタキアからトルコにかけての地中海沿岸に自生。オリーブは広い範囲でほぼ無農薬栽培されています。乾燥した気候ゆえにあまり虫もつかないので農薬は不要との事です。オリーブもローレルの実も傷がつかないようすべて手摘み。メーカーでは良質のオリーブを見極めるため、当主のアデルさん自らがサンプルを火にかけ鍋から出る音を聞きその年の材料を選択するそうです。材料の出来が悪い年は生産を見合わせるとの事。オリーブはブドウと共に人類により初めて栽培された果実。 

オリーブの実
オリーブの実
石鹸に使われるオリーブオイルは食用にした実の2番搾りです。高圧搾作業により果皮・果肉も含まれるため濃い緑色です。オリーブオイル中の脂肪酸の約70~80%はオレイン酸。一番の特徴は酸化されにくい脂肪酸という事と人間の皮膚細胞に近いPHであるという事です。ポリフェノールやビタミンE、スクワレンなどの成分も微量ながら含まれます。アレッポの石鹸の潤いはこのオイルの成分の働きのためです。
産地:地中海沿岸からシリア内陸部 シリア農園によるオーガニック栽培 モクセイ科オリーブ属
ローレル / ローリエ / 月桂樹
ローレル / ローリエ / 月桂樹の実
古代より料理で臭い消しに使われる葉。香の成分であるシネオールは消化促進、ピネンやサピネンなどの成分は炎症や傷みをやわらげる効果。防虫効果もあるとの事。乾燥と日当たりを好む植物 Ref

石鹸に使われるオイルは月桂樹の実から搾られる油。沢山の実からほんの少ししか取れない貴重なオイルのため高価。豊かな香りで強壮・消臭・ふけ取りなどの効果があるとされています。エキストラタイプには40%も配分され、石鹸作りの技術面においてはぎりぎりの配分となっています。 
産地:地中海沿岸の自生しているローレル 無農薬 クスノキ科ゲッケイジュ属 雄雌異株

添加物について

製造方法と刻印

1. 釜焚き 原材料を3日間加熱。当主のアデル氏がかならず味見をし鹸化状態を確認。このクッキング作業をする職人たちは自分たちをザイトゥーン(オリーブ)と名乗り誇り高き専門職として家族代々引継がれています。
2. 成型 紙を敷かれたフロアに石鹸原液を流す。独自の物差しで高さを図りながらの作業。
3. 切断・刻印 固まってきたら子供を乗せた切断機を大人数人で引っ張りながら石鹸を切り、石鹸の一つ一つに刻印を押す。職人たちはサボーニ(石鹸)と名乗っています。
4. 熟成 出来上がった石鹸は交互に積まれ1-2年自然乾燥させられ熟成させる。表面が飴色になったころクリーニングをして出荷。

アレッポの石鹸 釜焚き作業 石鹸の成型 現役をフロアに長し固まるまで待つ 出来立てのアレッポの石鹸に刻印を押してゆく

オリーブの収穫が10月から12月頃。石鹸作りは冬の期間となり、原液が固まるのも早く午前3時頃からのカッティングの作業となります。良質な材料のみを使い、長期乾燥による熟成がよい石鹸を生み出す秘訣だそうです。

<刻印>

石鹸には品質な月桂樹を使用した高級な石鹸という意味と、製造メーカーのアデル・ファンサの社名及び石鹸工場の許可番号が記された刻印が押されています。


左 エキストラ40 / 右ノーマルタイプ

アレッポの石鹸の製造メーカー

アデル・ファンサ社 370年の歴史ある名家。伝統的製法を守り、どんな状況下においても労を惜しまず品質にこだわった姿勢を持つ会社です。現在会社を取りまとめているのはタラール・ファンサ氏。父親であるアデル氏は今でもクッキングには立ち合い厳格に原液のチェックをしています。アレッポ市での工場では内戦のため操業が不可能となり地中海の港町のラタキアへ第2工場設立。移動時にはスタッフの確保を含め、相当な苦労を重ねていらっしゃったと思います。

作業をする職人たちも自分たちの仕事に大変な誇りをもち、伝統的製法を守り一丸となって良質な石鹸を作り続けています。特に日本への石鹸を送り続けている事は大変なプライドとなっているそうです。